ヨーグルトメーカーでのヨーグルトの作り方

スポンサーリンク

ヨーグルトの作り方

去年ヨーグルトメーカーを買ったので、自分なりのやり方ではありますが作り方を書いてみます
よく見かけるのが市販のヨーグルトのようにどろっとしていない、サラサラのヨーグルトができあって困っているのを見かけますが
この方法なら100%近く市販のヨーグルトのようにできますので、一度失敗した方ももう一度試してみてください。

使っているヨーグルトメーカーはこちらです

用意する物

ヨーグルトメーカー
R1 ドリンクタイプ

重要
牛乳 成分無調整・生乳100% 雪印メグミルク牛乳

あれば役に立ちます
マドラー
クリップ
ジップロック スクリューロック 730

作り方

まず電子レンジで牛乳(雪印メグミルク牛乳)を2分温めます(600Wの場合)
温めたら、牛乳の中にR1ドリンクを4分の3ほど入れてマドラーでかき混ぜます

そしてクリップで牛乳の注ぎ口を止めてヨーグルトメーカーにセットします
今使っているヨーグルトメーカーは約8時間で、自動的に止まるのですがあと2時間ほどそのままにしておき(電源が切れてもそのままにして合計10時間ほど)
時間が立ったらヨーグルトメーカーから牛乳を、取り出して冷蔵庫に入れて一晩おいて冷めたら
ジップロックに入れて食べます

この方法なら100%近く市販のヨーグルトのような、どろっとしたヨーグルトになります
後は普通のヨーグルトのように、ジャムを入れてみたりして食べてください

電子レンジの2分温めるは、最近の新しいヨーグルトメーカーだと必要ないかもしれませんので、説明書を見てみてください

この方法で作ったヨーグルトを1年以上毎日食べています、だいたい5〜6日ぐらいなら保つと思いますのでお試しください

重要の部分で書いていますが、成分無調整・100%の牛乳でもメグミルク牛乳以外ではサラサラになってしまった物もありますので、お近くのスーパー等であれば、メグミルク牛乳をお使いください

Google 広告 Cookie
Google は、Google のパートナー ウェブサイト(Google 広告を掲載するウェブサイトや Google の認定広告ネットワークに加盟するウェブサイトなど)への広告配信に、Cookie を使用しています。エンドユーザーが Google のパートナーのサイトを訪問すると、そのユーザーのブラウザに Cookie が保存されることがあります。

サイトのプライバシー ポリシーについて
プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。
第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。
サイト運営者様のサイトや法律は国ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません。サイトのプライバシー ポリシーを作成する際には、Network Advertising Initiative などのリソースを参考にされることをおすすめします。Cookie 使用の同意を得るための情報通知に関する詳細については、cookiechoices.org をご覧ください。